お金を貯めるならまずはコレ!誰にでも出来る簡単貯金術

お金 2018年5月7日

 

お金を稼ぐのは大変なこと。でも、その稼いだお金を貯金することはもっと大変です。
貯金初心者は、「毎月○万円は必ず貯金しよう!」と決心し目標を立てたものの、ついつい細かい出費を重ねてしまい結局目標金額を貯金できず…ということになってしまいがちです。そして、最終的には目標金額の貯金計画をやめて何となくお金を貯金している、もしくはしているつもりになっている人は非常に多いのではないでしょうか。

 
お金を使えば生活を豊かにするものが買えたり、美味しいものが食べられたり、嬉しいことがたくさん経験できます。貯金のためにそれを抑制する、我慢を強いることはとても辛いですよね。貯金がなかなかうまくいかないのも頷けますが、実はコツさえつかめば貯金は誰でも必ずできます。そして一度貯金の癖が身に付けばそれはずっと役立ちます。
この記事では、なかなか貯金ができない貯金初心者が最初にするべき、必ず成功する貯金術をご紹介します。
 

 

貯金ができない理由って?

そもそも何故貯金ができないのでしょうか。それはお金が無くなるからです。では、お金はどうすると無くなるのでしょうか。当然ですが、お金は使えば無くなります。
貯金ができない理由は、お金を使う=支出が大きく関係しています。支出が大きいから貯金ができない、それは当然のことですよね。ですが、分かりきっていることなのに支出をちゃんと管理できていない人が多いのです。裏を返せば、原因は分かりきっているので支出をしっかりと管理できれば当然お金は貯まります。

 
支出を管理できる身近な存在に家計簿があります。ちゃんと家計簿をつけることができれば、あなたを取り巻くお金の収支の流れが見えてきます。その結果、自分の普段のお金の使い方に気づけることも。
ですが、貯金をしようと思い始めた貯金初心者に家計簿はおすすめできません。家計簿を支出ごとにつけ続けるのは、手間が多く大変なことです。しかも、家計簿をつけ始めたにも関わらず、我慢できずつい美味しいご飯を食べてしまい、気がつけば家計簿をつけているのに貯金ができない…なんてことも。その失敗体験のせいで貯金に対して苦手意識を抱いてしまう可能性もあります。
貯金を始めようと思ったら、家計簿ではなくもっと手軽で拘束力のある方法がおすすめです。
 

 

絶対に貯金ができる強い味方!貯金専用口座

貯金を成功させる方法は、非常にシンプルで誰にでもできます。それは、お金そのものをあなたの手元から無くしてしまえばいいのです。お金を使って無くすのではなく、メインで使っている銀行口座とは別で銀行口座開設をして、毎月給料が入ったら真っ先にその講座へ貯金すると決めた額を入金しましょう。

 
さらに、キャッシュカードと通帳を手元に置かず、親や祖父母といった信用のできる人へ預けておきます。するとお金をおろすことができないので必然的にお金が貯まっていきます。つまり家計簿で支出を細かく管理するのではなく、支出ができないお金を作るのです。

 
少々荒療治な部分もありますが、収入が入ったら真っ先に貯金専用口座へ入金する習慣をつけましょう。他にやることがあっても、基本的には入金が最優先です。何故なら、本来お金とはそれだけ重要なものだからです。それだけ優先順位を高めて真剣に貯金する、お金を守る、という考えと習慣が身に付けば、この方法以外の貯金術もすぐに習慣にできます。

 

貯金のコツは無理をしないこと

おろすことができない貯金専用口座へ入金する方法であれば、必ず貯金できますが無理は禁物です。無理のある高い貯金額を設定すると、貯金に対して辛いという気持ちを抱いてしまいます。最初は少額から始めてお金が貯まっていく喜びを感じられるようにしましょう。すると「もう少し頑張ってみようかな」と自然と貯金に対して前向きになることができます。

 
貯金初心者におすすめは、毎月の貯金額を5千円~1万円に設定すること。それくらいの金額であれば毎日の無駄使いを無くせば十分捻出できる金額です。1万円でも1年間続けると12万円になり、5千円でも6万円になるので、お金を貯めていくことで意外と大きな額になります。
人によっては「そんな少額でいいの?」と感じるかもしれませんが、コツコツ貯め続けることが大切です。長期的に貯金を継続することは想像以上に困難なこと。むしろ少額と感じる金額から積み立てていく方が、長期的に貯金を成功しやすいのです。
 

 

簡単な貯金術から始めて貯金癖の土台を作る

暮らしを営む上で、お金は大切なもの。いつの時代にもお金は存在し、誰もが人生で一生関わっていかなければならないものです。まずは、簡単な貯金術から始めて、徐々に貯金癖を身に付けていくことが重要です。

 
今回ご紹介した貯金術は、おろせない状態の貯金用の口座を作り、給料が入る毎にそこへ入金するというシンプルなものです。単純なことですが、実際にやってみると多くの学びがあることを実感できます。まずは5千円、余裕がある人は1万円から始めて、貯金癖を身に付けるためのとても重要な第一歩を踏み出しましょう。

Money Onword編集部

Money Onword編集部

難しいと思われがちなお金の知識をわかりやすく解説していきます。『Money Onward』でお金について賢く学んで、損せず得する人生に♪